記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

クモハ50、クハ68車体完成

昨日、本日と思いのほか多くの皆様に閲覧していただき少々驚いています。ご覧頂いている皆様、本当に有難うございます。さて製作中のクモハ50008とクハ68403は車体工作が終わりました。いつものようにタバサの旧国用手すりをちまちま付けて、サボ受けを接着しただけです。各車の特徴は以下のとおり・クモハ50008、クハ68403とも側面サボ受けはヘッダー上部・クハ68403のライト脇手すりは運転台側にしか付かない・クハ68403には車体...

続きを読む

クハ68403の作成

クモハ50008の方があらかた形になってきたので、相方のクハ68403の制作に移ります。ベースは鉄コレ身延線セットのクハ68017を使います。飯田線のクハ68401~405(奇数)は便所付きですので妻面の窓埋めとトイレに隣接する窓の小窓化が必要です。68405なら上記の加工だけで基本OKですが、68403は他にも相違点があり加工ポイントが増えます。まずトイレ側側面。68405ならトイレ前方の窓の幅を詰めるだけですが、68403はなぜか後位客用...

続きを読む

クモハ50008の製作 その3

車体関係の大まかな加工は終わったので屋根配管関係の作業に移ります。まずランボードですが、製品のものは53008とは形態が異なるため、GMの旧国用と101系キットのランボードを重ねて整形します。53008のランボードは、53007などと同じ足が2本で足の部分が外側へ出っ張ったタイプなのでプラ板で再現します。次に母線の工作。最初にプラペーパーで台座を作り割りピンを差し込みます。ここへ0,4mm真鍮線を押し込みます。50008の場合...

続きを読む

クモハ50008の製作その2

先週に引く続きクモハ50008の製作。まず増設ドア上にヘッダーを追加。タバサのパーツを使いたかったところですが、ストックがありませんでした。買いに行くのも面倒なため、以前作成したキングスのクハ68のヘッダーの余りから切り出して接着。これで側面の加工はおしまい。前面の加工に移ります。このクモハ50008は、80系豊橋区進出前はクハユニ付3連の中間車として運用されており、80系入線以降、ホロとホロ枠の撤去を行っていま...

続きを読む

干し柿のある風景

本日、仕事で生田緑地へ行ってきました。民家園の入口の事務所の軒先には干し柿が!なんか懐かしい風景ですね。そう言えば昔、祖母の家の軒先にもあったような気がします。もうすぐ冬ですね。...

続きを読む

悪い冗談

本日の報道ステーションにて・・・ロケット付き自転車で世界記録の報道中、古舘氏「報道とはつくづく慎重でなければいけないんですねぇ」???今なんて言った?悪い冗談か?...

続きを読む

クモハ50008を作る

いつもご覧いただきありがとうございます。飯田線シリーズ、新作に取り掛かりました。今度はクモハ50008+クハ68003です。改造3扉とはいえ晩年の飯田線で唯一の旧42系同士の2連。魅力的な編成です。クモハ50008の種車はカトークモハ53000。まず中央窓4個分をプラ板で塞ぎます。追加するドアは動力をクモハ54に持って行かれ余ったクモハ53008から切り出します。大きめに切り出して周囲を整形。ドアを増設する部分は、だいたい前位窓...

続きを読む

スニ40とワキ8000

いつもご覧いただきありがとうございます。このところ飯田線旧国ばかり作成してやや飽き気味なので、気分転換にアイコンのスニ40とワキ10000改めワキ8000を組んでみました。このキット非常に繊細なディテールを持っていてカトースニ40とは30年以上の時間経過を充分に感じさせるできですが、組み立て自体は特に難しいところもなく、容易に箱にできます。調子に乗ってスニ×4とワキ×4を一気に組み立て。塗装は私のように箱にしてから...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。