記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

東上線8000系いよいよ終焉

東上線最大の功労者8000系が遂に1月17日のツアーファイナル運行で池袋口から姿を消します。東上線沿線で生まれ40数年沿線から離れず生活してきた私にとって生まれた時から走っていた8000系が姿を消すことは感慨深いものがあります。当日のツアーは予約しました。(24日23:50分現在は空きがあるようです)73・78の時は特にイベントもなくいなくなった感がありますが、さすがに東上線最大の功労者だけにイベントツアーを組んで盛大に見...

続きを読む

飯田線最後の旧国-17 クハ68403

クハ68403も完成しました。実車は昭和9年日車製のクロハ59005からクハ68025→クハ55139→クハ68003→クハ68403と4度の回番を行った経歴を持つ車両です。日車製の同年代平妻車と同様に裾部が1列リベット、トイレ水タンクが天井設置、最後まで関西型運転席通風器を残していた、後部客用扉の戸袋窓幅が狭いなど同型のクハ68405と比べて多くの相違点があります。模型は鉄コレの身延線セットのクハ68019を種車に前記のような68403の特徴を...

続きを読む

飯田線最後の旧国-16 クモハ50008

クモハ50008がようやく完成しました。実車は昭和9年梅鉢鉄工所製のモハ43012→モーターのMT30化でモハ53006→昭和39年の3扉化でクモハ50008という変遷を経ています。豊橋区への80系投入以前は、豊橋区の40番台編成3両編成の中間に押し込まれ、鶴見事故で改造直後に事故廃車となった50006を除く兄弟3両と共に(50000、50002、50004)活躍しました。せっかくの出力増強車出会ったにも関わらず、半室運転台が嫌われたらしく兄弟3両は流電...

続きを読む

クモハ50008の製作

いつもご覧いただきありがとうございます。クモハ50008+クハ68403ですが年末に入り作製ペースが著しく落ちています。今回は、窓ガラス入れとクハ68403へのカトー足回り組み込みです。クモハの戸袋窓のは、以前の記事の通り、クハ79920用のもの。ですが、クハ79920用の窓ガラスは車体の肉厚の差から、奥に引っ込んでしまい失敗でした。何か別のいいものがあれば交換する予定です。貫通扉はタバサのパーツに交換したので、元のガラス...

続きを読む

クモハ50の塗装 その2

今日はマスキングして青15号を吹きます。マスキングテープには定番のタミヤの黄色いテープ。最も幅広の物を使います。これを定規で細く切りマスキング。ドアのところは切れ込みを入れて車体にテープを密着させます。ドアのところに入れた切れ込みはそのまま吹付ければ当然隙間から青が回りこむので、小さく切ったテープで切れ目を隠します。この切れ目の処理は、マスキングゾルを使ったほうが確実ですが、マスキングゾルは凹凸面に...

続きを読む

クモハ50 塗装その1

いつもご覧いただきありがとうございます。連載物のクモハ50ですが今日からようやく塗装に入ります。まずクリーム色1号の吹き付けですが、その前にクハ68の窓ガラスも車体と同色にしておきたいのでマスキングします。使うのはマスキングゾル。ビンに付属のハケ?では作業不可能なので、ゾルを塗るのには面相筆を使います。これでマスキングしたいガラス面の隅々へゾルを行き渡らせる訳ですが、濃度が濃すぎると流れてくれませんの...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。