記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

祝!流電発売記念

   KATOの流電発売開始一週間後、昨日(29日)にASSYもホビーセンターで扱いが始まりました。 早速購入。 前回のブログでも書きましたとおり、クモハ54119のボディだけ3つご購入。  早速、加工開始です。  晩年、Hゴム戸袋窓を持ったクモハ54100台は、108、110、117の3両で、それぞれクハ68405、クハ47069、クハ68408を相方にしていました。どれを作るか悩ましいところですが、今回はクハ47069を選択...

続きを読む

流電届きました!

 今朝方アマゾンから流電が届きました。 早速開けてみましょう。各車も見てみましょう。まずはクモハ52004。 いい表情です。サボ受けや急行表示板のディテールもバッチリ。 前面が流線型だけにサボ受けなど下手に金属パーツに置き換えて歪ませると却って目立つので、どこまで別パーツ化するかの判断は難しいですね。屋上は、ステップがないためかかなりあっさりした感じ。ここは別パーツ化したほうが効果的か....

続きを読む

飯田線最後の旧国-23 クハ68414

続いてクモハ43015の相方クハ68414です。実車は昭和15年川崎車両製。クハ55082として新製され、京阪神緩行用に昭和28年にセミクロスシート化を受けクハ68100に、さらに便所取り付けでクハ68414という変遷をたどっています。助手席窓が一段化されている車両が多い飯田線旧国の中で、クハ68412と共に助手席窓に中桟がある数少ない車両ですが、クハ68414はよく見ると戸袋窓のように1段になっており窓の開閉は不可能です。模型の方は、...

続きを読む

飯田線最後の旧国-22 クモハ43015

クモハ43015が完成しました。実車は昭和9年梅鉢鉄工製。戦後横須賀線?伊東線を経て昭和38年に飯田線に入線した車両で、貴重なクモハ43の生き残りです。飯田線では昭和53年の豊橋区への80系投入の際に、足が遅いと乗務員から評判の悪かったMT15装備車はことごとく廃車にしましたが、この車とクモハ51029、200の3両だけは生き残りました。多分状態が良好だったのでしょう。模型の方は、基本的にクモハ53000をベースに手摺りの別付け...

続きを読む

終戦の日に思うこと

昨日は、BS6チャンネルの「大和」特集に色々文句を言いました。あれでやめておこうかと思いましたがもう一つだけ。 昨日の番組もそうでしたが、ミッドウェイ海戦の敗戦原因を「暗号解読された結果」という見方はよく出てきます。 本当にそうでしょうか? ミッドウェイ海戦は、主目的が「ミッドウェイ島の占領」か「米機動部隊の撃滅」かによって暗号解読の意味が違ってきます。 少なくとも、山本五十六連合艦隊司令長官の意図は、...

続きを読む

終戦特番に寄せて

今年は戦後70年という節目でもあり、戦争にまつわるTVが多いようです。私も始め戦争を知らない世代が人口の圧倒的大多数を占める今日では、これは大事なことで戦争を明日に語り継ぐこと自体は今後とも是非取り組んでいく重要なことだと思います。しかしながら、昨今の(特に民放の)特番を見るにつけ、本当に正しく伝える気があるのか?と疑いたくなる番組も数多くあります。真珠湾攻撃と称する映像に陸軍の「隼」戦闘機が出てくる(...

続きを読む

クモハ43015とクハ68414 その2

ようやく酷暑も落ち着いて来ました。この夏は風邪と猛暑のダブルパンチで思いっきり体調を崩したこともあり、模型工作も3週間お休み。やっと今日再開しました。今日はクモハ43015とクハ68414の塗装。午前中の涼しいうちにここまで済ませました。相変わらず可もなく不可もなくって感じ。恐れていたカブリは起きませんでした。午後から気温が上がりそうなので、本日はここまで。この夏は仕事の方がいつになく忙しいので体調優先です...

続きを読む

和光市駅ホームドア設置へ

本日、帰宅時になんとなく和光市駅の東上線ホームを見ると、ホームドア設置のためと見られる柱位置などの位置出しがされてました。近日中に工事が始まるものと思います。となると気になるのは、東上線で唯一ドア位置の異なる9001F。更新工事も行われていませんし、今年中に運用離脱なんてコトになるのでしょうか?何となく最近見かけないような気もしますし・・・8月4日追加朝8:10位に和光市駅初下り電車で9001F見かけました。...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。