記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

103系の避雷器周り

前回、へろへろの空気作用管で意気消沈しましたが気を取り直して避雷器周りの配管に着手。私の旧国では避雷器に入る配管は簡略化して再現していますが、今回は少し実物の構造に近づけます。実車のアース線はパンタから伸びる配管が、一旦少し太い柱状のもので立ち上がり、柱状の頂点から細い配管が弧を描いて避雷器に接続しているように見えます。車番や時期による個体差もあるとは思いますが。作品では、パンタから来る配管を0.2m...

続きを読む

大義の前の些細な悪事

本日21時20分頃の朝霞駅。共産党の青年団?5~6名が「戦争反対」、「ブラック企業追求」など数ヶ月前に国会前でよく聞かれたあのリズムで相当大きい声でシュプレヒコールをあげてました。その傍らでこれ。これ駅前広場内に停車してるんです。写真ではよく分からないと思いますが、駅前広場の出口付近で急なカーブの内側。交差点停止線から5m以内。もちろん道路交通違反の位置です。朝霞駅南口には30分まで無料の時間貸し駐車場が併...

続きを読む

再び103系

 今週は土日が休日出勤になったため、ようやくお休み。疲れもあり半日寝てて午後から模型作り。旧国が続いているので気分転換にトミーの103系青22号をいじります。今回は、昭和56年頃の北モセ所属車にしてみます。昭和56年といえばこの年の初めに、下十条と蒲田の編成がクモハの位置を組み替えて3+7から4+6に組み替えた時期で、私の編成も6+4としてみます。この当時、浦和区は全て10両貫通編成でしたので、そもそもクモハ103...

続きを読む

飯田線最後の旧国-27 クハユニ56001

クハユニ56001の方も出来上がりました。実車は昭和11年田中車輌製クハニ67001を昭和26年に飯田線に転用するためセミクロスシート化したものです。クハユニ56の前身クハニ67は昭和11年製が2両でシル・ヘッダー付き、昭和15年製が6両いてノーシル・ノーヘッダーとなっていました。余談ですが、クハニ67は008が戦災廃車(マニ74に復旧)したほか、飯田線には半数の4両が転属、007は三河島事件で粉々に粉砕され廃車、002と006は昭和44年...

続きを読む

飯田線最後の旧国-26 クモハ54112

先月末にはほぼ完成状態にこぎつけていたクモハ54112がようやく完成しました。実車は昭和16年汽車会社製クモハ60040で、戦後セミクロスシート化後クモハ54112に改番。多くのクモハ54100番代とともに京阪神緩行に使用後、昭和40年に明石区から飯田線入りしました。他のクモハ54100番代と比べると一足早い入線となります。実車の特徴は助手席窓の静鉄型窓枠。プラ板はめ込みの窓枠にGMクハ86初期型用窓ガラスをはめ込んで表現しまし...

続きを読む

カカシ

踏切カカシなんか変な夢見そう。近鉄飛鳥駅にて。...

続きを読む

福岡出張

今年は秋に入ってから早くも5回目の福岡出張。もちろん全て日帰り。せっかく九州まで来てるのにもったい無い。ですが今日は帰りの飛行機まで時間が余りましたのでちょっとだけ観光。福岡駅から箱崎駅へやってきたのは筥崎宮。一度行ってみたいと思ってました。駅から歩くこと数分。到着しました。あれ?以外と小さい。と思ったら、どうやら裏から入ったようです。楼門です。扁額の文字がなかなかバイオレンス。ダイエー優勝の垂れ...

続きを読む

クモハ54112とクハユニ56001(その2)

現在製作中のクモハ54112とクハユニ56001は塗装が終わりました。今回のまあまあの出来。屋根色には前回クモハ54110と同様、阪急マルーンと西武ラズベリーを混ぜたダークグレイを吹き付け。結構気に入っています。クモハ54112は独特の助手席窓の静鉄型窓枠にクハ86一次車用の窓ガラスをはめ込みました。クハユニ56001の正面窓も全てHゴムはめ込みにしましたが、実車は3枚とも大きさが微妙に異なるので、この作品とはちょっと印象が...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。