記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良線の103系 その3

 本日も関西方面出張のため、1時間早く出て、京都駅で奈良線の103系ウォッチング。

まずは、



クハ103-211



モハ103-434



モハ102-590



クハ103-212

続いて、



クハ103-167



モハ103-423



モハ102-579



クハ103-168
この編成、クハ103-168だけドアにHゴムがありません。

さらに、


クハ103-225



モハ103-455



モハ102-611
うーん、ユニットでドアの形態が違う!



クハ103-228

奈良線の103系は、関西独特の戸袋窓うめや正面窓枠の金属化が行われていますが、まだまだ、今や最も古典的形態の103系と言えそうです。

 103系パラダイスの奈良線も、大阪環状線への新車投入の煽りで、状態の良いN40などが流れてこないとも限りません。やはり記録は今のうちにということでしょうか。

 本日もご覧頂きまして、ありがとうございました。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。